xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> FXの売りを学ぶ:FXで失敗しないための心得
カバー画像

FXの売りを学ぶ

FXだけでなく、株も含めて投資全体に言えることですが、
まず確実にほとんどの方が「買い」から学びます。

これは物が介在しているときは基本です。
例えばトマトの卸し業者をしていたとしたら、トマトを安く買って、
高く売れば儲けが出ます。90円で買って100円で売れば
10円の儲けですよね。


このように安く買って、高く売るというのは、
イメージもしやすいのですぐに分かります。
特に投資未経験者の方はこの傾向が強いと思います。
ぜひ、アナタの周りで株取引やFX取引など
投資を経験したことのない方に聞いてみてください。

「株取引やFX取引で儲けるにはどうすればいいと思う?」ってね。

知らないという意見がほとんどだと思いますが、
たまに答えてくれた方がいたとしても、
たいていが安いときに買って高いときに売ると答えると思います。
「高いときに売って、安くなったら買う」とは誰も言わないと思います。

しかし、実際にFXで稼いでいるヒトの中には、
「売り」から取引を開始して、利益を得ている方も大勢います。

これはスタンスの問題で、
感覚的に相性が合わないといった問題もあるので、
無理にすすめることはありませんが、FX取引に慣れてきたら、
一度はチャレンジしてみても良いでしょう。


もし自信が無ければ、バーチャルFXで行えば良いですしね。

「売り」から取引を始めるのは難しそうなイメージが
あると思いますが、意外にチャレンジしてみたら、
実は自分にすごく合っていたので、ものすごく稼げた
という話も聞きます。

小額で何度か試してみて、明らかにダメだと思ったら、
そこで「売り」から取引を始めることを断念してみたほうが良いでしょう。
何度も言いますが、バーチャルFXでも構いませんからね。

ただ、個人的には取引の手段が増えることで、
リスク分散につながると考えています。
自分がしなくてもみんなは出来るということは、
それだけでリスクになりかねませんからね。

何事も一度はチャレンジしてみたほうが良いと思います。

Sitemap