xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 電話勧誘は危険信号:FXで失敗しないための心得
カバー画像

電話勧誘は危険信号

2005年7月に金融商品取引法というのが施行されました。
それまでは法律が定められていなかったので、
悪質な業者も沢山いました。その中でも代表的なものが
電話による強引な勧誘行為です。


FXの資料を請求したなら、
そこからはしつこい電話攻撃が始まったそうです。
嫌になるぐらい何度も電話をかけてきて、しつこく取引の話をして、
ムリヤリ取引を迫るという手法で攻めてきたようです。

昔、先物取引で、知り合いの先輩がそんな目に合っていましたが、
FXでも同じようなことが行われていたようです。

先物取引だけではなく、株式取引でも頻繁にあった出来事のようです。
ただ興味があってFXの事が知りたかっただけなのに、
そんな強引な勧誘を受けてFXが嫌いになったかもしれませんね。

しかし、今は法律が出来たことで、
電話による強引な勧誘は禁止になりました。
今、そんな勧誘をしたなら法律違反になります。

だから電話をかけて勧誘してくるFX会社があったとしたなら、
かなり危険な会社だと認識して間違いありません。

もしも電話を掛けてきたFX会社があったら、
何も聞かずに無視しましょう。
口座を開設してしまったとしたなら解約しても構わないかもしれません。


これは自分の資産を守るためにはとても重要なことです。
押しに弱い方もいるかもしれません。でもFX取引は自己責任です。
このような悪徳業者にはきっぱりと「NO!」と言えるようになりましょう。

Sitemap