xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 何もしないという選択:FXで失敗しないための心得
カバー画像

何もしないという選択

株取引でも同じことが言えると思いますが、
自分の考えと違う場合や、判断できないことが起こった場合には
傍観することも選択の一つです。

デイトレードをしてみると分かることなのですが、
意味もな大きく値段が動く時があります。

理由があって動いているのでしょうが、
自分には理由が分かりません。

後々ニュースを見ていると不正が発覚したなど
情報が分かることがあります。
FX取引でも同じように、サブプライムショックの後など
かなりの値幅で動いていたと思います。

現在もその大きな動きの中にいるのかもしれません。
このように自分の想像の範疇を超えた値動きをしたときは、
相場に入らない選択も重要になってきます。

判断ができないのですから、
それで取引をしたらただのギャンブルになってしまいます。

相場が荒れすぎて、どうなるか全く分からない場合は
少し冷静になって考えましょう。取引をするべきか、
基準は何なのか、どんなニュースが発表されているのか、
それで自分に判断できる状況なら参入しても良いと思います。

分からない場合は、相場から撤収して状況を見守りましょう。
何もしないというのも立派な取引技術です。
取引できるけどしないのと、取引できないというのは
全く別のことですから、肝に銘じておきましょう。

Sitemap